移植版『モンスターファーム』 「第2回FIMBA MASTERS CUP」の話

移植版『モンスターファーム』 「第2回FIMBA MASTERS CUP」の話

2020-09-17

 

こんばんは。

モンスターファーム2の移植版が発売したという事で、

せっかくなので1の移植版で開催されてる公式大会「第2回FIMBA MASTERS CUP」の話をしたいと思います。

 

詳しいルールの説明等は省きますが、
今回の大会は無差別級
モンスターのステータス等一切制限なしのガチンコALL999フルモン同士の殴り合いということで、
恥ずかしながら小学生の頃にモンスターファーム1を遊んでいながらフルモンを作ったことがなかった身としては、
「この機会を逃したらフルモン育成に挑戦する機会を失うな」
と思い、
気合を入れて一体最強を作って参戦しました。

 

ちなみにステータスに制限がある第一回大会の結果は、

 

 

1回戦敗退という面白くない幕引きだったので特にブログに書くこともなく終わりました。

 

(こっちはこっちでそれなりに気合入れて育ててたんだけどな・・・。)
(やっぱ勝てないものなんだなぁ・・・。)

 

第二回大会用モンスターはこの第一回の反省を生かして
せめて1回戦は突破したいという低い志で挑むことになりましたが、
反省を生かして」と書いておきながら反省は全く生かせませんでした

詳細は後で書きます。

 

 

 

 

今回は無差別級ということで、
当然フルモンを準備する必要があるのですが、
フルモンの作り方を簡単に調べた結果、
普通に桃を食わせて寿命を延ばす方法で育成することにしました。

 

事前に4大大会制覇できるモンスターを4体育成していたので、
その中のかしこさに特化した3体でまず桃を3つ集めて、
育成するモンスター本人に1つ回収させての計4つ確保しました。

あと事前に金を20万くらいためておいて、
念のためトロカチンEXを投与する可能性を考えて1031年まで時間を進めていました。

 

育成するモンスターは、
事前に育てていたヘンガーと、

前回の大会に出場したガリエルを合成した、

 

テクノドラゴンの チミンちゃんです。

なぜか名前の前にスペースを入れてしまったあたりが気に入っています。

 

ちなみにチミンちゃんという名前は僕が実際に飼育しているハルマヘラアオジタトカゲの名前を拝借しました。

↑チミンちゃん

 

育成過程でいったん1まで減少する「ちから」が多すぎるのが気になりましたが、
実際はそれ以外にも問題点は多くありました。

 

まず、ドラゴンというモンスターチョイスのミスです。

最終的にALL999になる以上、
重視するべきなのは「ガッツ回復の速さ」と「覚える技の命中率」なのですが、
ドラゴンはそもそも特別ガッツ回復が早いわけでも命中に優れた技を多く覚えるわけでもないので、
まずその地点でマイナス評価なのと、

元のモンスターを考え無しに育てた結果、
思ったより技の遺伝が豊富になりまして、

最初からコンビネーションとか覚えちゃってるわけです・・・。

 

「どうしよう」と思いながらも、
エントリーまで残された時間がなかったので(この地点で残り時間約7時間)、

「もういらない技とかも全部覚えさせて完全なるフルモンを作ろう!そうしよう!」

と早々に勝ちを捨てる事になりました。

 

 

育成方法の話になりますが、
小学生の頃黙々とプレイしていたころはネットで調べる時代ではなかったので、
香り餅と冬美草を食べさせる育成法を知らず、
移植版でその育成方法を学んだ後に、

「2のモッチーってこの育成法のオマージュだったんだ」

と遅れて気づきました。

 

具体的な育成法はここに書いてもしょうがないのですが、
メモが残っていたので簡単に書きます。

①最初から仕事のミスをなくすためにカララギマンゴーを食わせて忠誠度を50くらいまであげる。
②エサは当然ニクもどきのみ、餅を毎週1個草を月末に1個与える(修行時は月初めに餅2個と草1個)、STYLEふつうを維持する。
③大会は早めにグレードCまであげておいてピーク時の無駄を減らす。
④サーカスでひたすら「回避」と「かしこさ」をあげて下がった「ちから」は後で修行とトロカチンEXで取り戻す。
⑤修行は必ず月初めに出す。(修行時は月初めに餅2個草1個、帰ってきたらまた餅2個草1個)
⑥「かしこさ」の修行で覚える技は早めに覚えておいたほうが良い(かしこさは重仕事で下がらないから早めにカンストしてしまうので遅く修行に出すと無駄になる)。
⑦「回避」がMaxになったら鉱山で「ライフ」と「丈夫さ」をあげる。下がった命中はトロカチンEXと修行で取り戻す。
⑧トロカチンEXの寿命減少効果が3倍になってるらしいので投与しすぎに注意。

だいたいこんな感じです。

これに加えて桃が何個かあればフルモンを作れてしまうのが、1のハードルの低さで良い点だと思っています。

 

もっと具体的なメモが残ってたので下にコピペします。

 

1年目(0歳)
ずっとサーカス
修行はセール時1回のみ(かしこさ技習得のため)
大会は2回だけ(グレードアップのため)

 

2年目(1歳)
ずっとサーカス→11月4週で回避MAX→12月1週から鉱山
修行はかしこさ1回(技習得のため)
   回避1回(技習得のため)
10月2週に探検→もも取得

 

3年目(2歳)
ずっと鉱山
7月2週ピーク突入→もも1個目を投与
8月1週からトロカチンEXを投与して修行に出し始める→鉱山はここで休止(なぜか33年8月1週にトロカチンEXが店に追加されなかったから手持ちのを使用)
トロカチンEXは34年1月1週に追加された
3月1週に早めにもも2個目投与
修行命中2回(技取得のため)
修行丈夫さ5回
修行ライフ1回
トロカチンEX4回投与(1回は手持ちの)
トロカチン1回投与(手持ちの)

4年目(3歳)
基本的にずっとトロカチンEXを投与して修行
7月1週にもも3個目投与
8月1週に命中が973になったからトロカチンEXの投与をやめて鉱山に移行
34年11月1週にもも4個目を投与→修行に出して命中を999に→ここからトロカチンEXなしで修行に出してステータス調整
修行ちから2回
修行丈夫さ3回
修行ライフ1回
修行かしこさ1回
トロカチンEX投与5回

※スクショとり忘れ

 

5年目(4歳)
トロカチンEXなしで毎月修行→各ステータス999調整
7月4週かしこさ999
8月4週丈夫さ999
9月2週ちから999(修行ちから2週無駄になってしまった)
10月1週に引退を考える宣言
ライフのこり22を山仕事で埋める→10月4週にライフ999
4歳7か月でフルモン達成
ここからは大会を埋めていく作業→冬眠と復活をくりかえして大会にでまくる

修行ちから2回
修行ライフ1回
修行かしこさ1回
修行丈夫さ2回

 

 

そして出来上がったのがこちら。

 

 

 

 

出来ることは全部やった チミンちゃん究極体です。

 

 

実際に育成して驚いたのがトロカチンEXの副作用のでかさです。

上に「寿命を削る効果が3倍になった」と書いたのですが、
予想以上の寿命の削れ具合でした。

モモ4個あげて4歳10か月という異様な年齢が副作用のでかさを物語っています。

トロカチンEX無しで純粋にモモと修行で「ちから」「命中」を補ったほうが明らかに健康的です。

ただ今回の育成は何分時間がなかったので、
結果的にトロカチンEXを投与して急いで育成したのは正解だったと言えます。
(0歳から育成完了まで約4時間)

トロカチンEXのせいでかなり無駄の多い育成にはなってしまったのですが、
人生初のフルモンということで満足度は高いです。

 

この後無事に大会にエントリーしまして、
あとは結果を見守るだけだったのですが、
オート戦闘の検証もかねてオンライン対戦をオートで何戦かしてみたのですが

めっちゃ弱い。

どれくらい弱いかと言うとフルモン同士のオート戦闘で勝率が30%くらいでした・・・。

「あ、終わった」と思いましたね・・・。

というのもやっぱり技に無駄が多すぎるのと接近技が「頭突き」しかないあたりが絶妙に弱く、
ちょっと技を外すともう燃費の悪さで何もできなくなるので、
やっぱりモンスターチョイスで失敗したなという印象でした。
恐らく技を命中重視のものでそろえてもあまり勝率に変化はなかったと思います。

 

 

 

そして実際の大会結果が先日出たのですが、
それがこちら。

 

 

2回戦敗退。

 

でも前回よりは良い成績だったので、
決して落胆はしてないです。

むしろ良く1回戦勝利してくれたなと、
ちょっとほめてあげたくなる成績でした。

移植版モンスターファーム2が発売したことで、
1を触ることは極端に減ると思いますが、
あとは図鑑を埋めるくらいしかやることが残ってないので、
フルモンを作れたことであと腐れなく移植版2に移行できそうです。

2は1よりも育成難易度が高いので、
また勉強し直しにはなりますが、
またこういう公式大会が開かれるのが確定しているので、
良いモチベーションになってくれそうです。

 

 

というわけで2を買います。

お疲れさまでした。

 

0

ゲームその他カテゴリの最新記事